上意下達は「じょういげたつ」or「じょういかたつ」?

下達 上 意

♨ 「上位・上層部の人間の命令を下位・下層部の人間へと伝え、意志疎通を図ること」という意味があります。 うちの会社は 上意下達 じよういかたつは徹底しているが、下からの声がストレートに上ってこない向きがあって気になるんだ。

じょういかたつ【上意下達】の例文集・使い方辞典

下達 上 意

😁 上意下達で一方的に押さえつけても、いつか不満はあふれ出てくる 例文5. kanji to hiragana and hiragana to romaji. その際は、少数精鋭で十分な成果や効果を得られます。 信頼関係を構築することで、社員一人ひとりの会社を良くしていきたいというモチベーションも上がります。 この言葉も反対語の下意上達も,ともに不可能に近いことを理想とするたいへん挑戦的な四文字熟語である。

10

「上意下達」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

下達 上 意

👎 そのため、企業によっては新商品やサービスをどこよりも早く投入することで、爆発的なヒット商品を生み出し、一気に市場を席巻し、企業が飛躍的に成長する可能性を秘めています。 「上意」は古くは主君の命令のことで、上の者の意向。

2

上意下達の読み方はじょういかたつ・じょういげたつ?意味・使い方も

下達 上 意

😋 この四字熟語は、ポジティブな意味でもネガティブな意味でも用いられます。 一概に上からの一方的な押し付けと捉えることもできますが、スムーズで効率的な運営にはまた重要な概念です。 ・あの会社は社長の力がとても強い上意下達な社風だから、入社するとびっくりするよ。

四字熟語「上意下達(じょういかたつ)」の意味と使い方:例文付き

下達 上 意

✇ 下達は「げだつ」とも読みますが、ここでは「かたつ」と読みます。

四字熟語「上意下達(じょういかたつ)」の意味と使い方:例文付き

下達 上 意

👇 ゆとり世代ともいわれ、個性重視の若い世代では上意下達(ピラミッド型)の組織に属して活動することが少ないため、トップダウン型のシステムになじめない状況を現した例文です。 のびやかに跳ね回る小羊=伸びやかに進むの意。 武士がいた時代は,主君の命令,将軍の命令の意。