トリガーポイントについて

ポイント トリガー

🙌 これを3~5回繰り返す。 悪い姿勢で座り続けると、慢性の背中の痛み、首の痛みを引き起こします。 痛みの原因を究明するうえで、「トリガーポイント」というキーワードは非常に重要なものです。

トリガーポイントとは?腰痛・肩こり・関節痛などの痛みの原因

ポイント トリガー

💅 下の写真の中の、腸骨筋、大腰筋、小腰筋を合わせて腸腰筋といいます。 それにより 代謝作用により副産物の蓄積 乳酸など や、代謝に必要な酸素や栄養源の欠乏などによってトリガーポイントは数か月から数年の存在し続けます。

痛みの元を知る

ポイント トリガー

😒 詳しくは、()をご覧ください。 トリガーポイントが生じる理由、なぜできるのか? トリガーポイントが形成される要因は、主に「不動」と「使いすぎ」と考えられています。

4

トリガーポイントについて

ポイント トリガー

😉 以上のような症状がある場合は、股関節の前面のトリガーポイントをほぐすと腰の痛みが楽になるかもしれません。 局所単収縮反応や逃避反応が発生する。 また、血流の低下が存在する部位で筋収縮を繰り返すと筋肉痛を生じることも明らかとなった。

トリガーポイントという筋肉のこりが腰の痛みの原因かも!?│ひがし鍼灸整骨院

ポイント トリガー

🤞 *トリガーポイントを記載した文献には、最も一般的なトリガーポイントの場所しか示されていません。

12

【広島市の鍼灸院】なかいし鍼灸院広島治療室

ポイント トリガー

⚐ 負荷の強い反復動作は、筋に疲労感を与えるため休むタイミングを取りやすくなりますが、負荷の弱い反復運動は疲労を感じにくいため気付かないうちにトリガーポイントを形成していることがあります。 タイピングにより、筋電活動が上昇し、疲労を伴うとさらに活動の振幅が増大することが報告されています。

3

痛みの元を知る

ポイント トリガー

🙃 異常興奮については、トリガーポイントが継続して存在する要因として、ストレスといった精神的な側面があることを示唆している可能性がある。 注射は痛いというイメージが先行しているからでしょう。

3