XYZ

小説 二 次 シティー ハンター

🤪 「あ、あん、あ、ああっりょ・・・」 快楽ゆえの涙を流しながら、香は必死で僚にしがみつき、目の前で揺れる僚の胸に口付けた。

12

彼らの日常

小説 二 次 シティー ハンター

😈 まじで勘弁して欲しいと香は震えながら声無き声で叫んだ。

2

by my side

小説 二 次 シティー ハンター

👣 俺の親指の先がしっとりと湿ったソコに届いたせいだった。 変な新興宗教じゃあるまいな。 なぜ当初は1記事でまとめきれると思っていたのか理解不能です。

by my side

小説 二 次 シティー ハンター

🌏 そう…頭の中の理性のロープは、すでに最大限まで引き延ばされて限りなく細くなり…しかもロウソクで焙られている。 香とかずえは胸の中で唸った。 香のヤツ振り返りもしやしねぇ。

彼らの日常

小説 二 次 シティー ハンター

🤙 ……この状態は極楽と言えばいいのか、それとも地獄の一丁目なのか? …いや…とにかく、鼻血だけは我慢しないとな(涙)。 無心に足ツボマッサージを続ける香。 …ゲッ…今度は金髪ガイジンが「OH!NO!まさか香がっ!あんなケダモノにっ?天は我を見捨て給うたかっ?!」と道路に面した強化ガラスに頭を打ち付ける画像が突然、鮮明に脳裏に浮かんだ。

19

by my side

小説 二 次 シティー ハンター

♨ どくどくと心臓が激しく高鳴る。

10